体臭対策のグッズにはさまざまな種類、形状のものがある

体臭対策のグッズにはさまざまな種類、形状のものがありますよね。それぞれ特徴が違うので、目的に合ったものを選びましょう。
体臭対策のための製品には、制汗剤とデオドランド剤があります。

制汗剤は汗を抑えるためのものです。汗自体には臭いはないのですが、汗に含まれるタンパク質や脂質などを雑菌が分解することで臭い成分が生まれます。制汗剤には、毛細血管を収縮させて汗の分泌を抑えたり、汗を吸収する成分が配合されています。

デオドランド剤は臭いを抑えるものです。汗を雑菌が分解することで臭いが生まれるので、雑菌の繁殖を抑えて臭いを防ぎます。
このような2つの目的があるのですが、制汗剤とデオドランド剤の2つの働きをもつ製品もあります。

形状にはロールオン、スプレー、ローションなどがあります。

ロールオンタイプは肌に直接密着させられるメリットがあります。肌に密着させることで菌や汗に働きかけやすくなります。しかし、気軽に使いにくいです。朝の身支度のときに使うとよいでしょう。

スプレータイプは外出先でも気軽に使いやすいです。ストッキングの上からでも使用できます。しかし、スプレーが拡散して肌に密着しにくいデメリットがあります。

ローションタイプは液体なので全体に広げやすく、全身に使うことができます。首筋や背中などに使えば清涼感を得られます。
体臭を防ぐために便利な製品ですが、使い方によっては肌トラブルを起こすことがあります。

臭いを気にするあまり、使用量が多くなっていませんか。使用量が多いと汗を抑える成分が毛穴をつまらせて、ブツブツができたり肌荒れを起こすなど肌トラブルの原因になります。殺菌成分は肌を守る菌まで殺してしまうこともあります。そのため、使い過ぎには気をつけてください。

肌が弱い方はパッチテストを行ってから使用してください。腕の内側の目立たない部位に製品を使用して、赤みやかゆみなどの異常がでないかを確認します。異変があればすぐに洗い流して使用を中止してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*