極端な話、筋肉があれば太ることは少ない

ダイエットというのは当然ですが、運動をすることがベストになります。

では、どんな運動がよいのかということになりますが一つは水泳になります。水泳には物凄くメリットがあります。まず、言うほど危険ではない、ということがあります。水の中、ということになりますからそこがネックと思うかもしれませんが監視員はいるでしょうし、過度に追い込みでもかけない限りは適度な運動として最適です。走ることでもとてもよいダイエットになるでしょうが、はっきりいって膝を痛める可能性が物凄くネックとなります。

そうした点から見ても水泳には利点があるのです。但し、プールにいくにはそれが近くにある必要性がありますし、その上で考えることとして費用が結構かかるということです。さて、運動としては有酸素運動のみならず筋肉トレーニングなどの無酸素運動があるわけですが、そちらでも問題はないです。むしろ、並行してやっていく価値があることであるといっても過言ではないでしょう。

何故かといいますと筋肉の量が増えることによって維持する為のカロリー消費というのが増える事になるからです。極端な話、筋肉があれば太ることは少ない、と言うことになります。もちろん、それは食べ過ぎていたりしますとまったく意味がないということになりますが、痩せるために普通に生きていくだけでも必要になるカロリーを増やすということは言うまでもなく効果的になるのです。

それなりにダイエット法というのは確立されています。食べる事を抑えたり、或いは運動をする事によってそれが実現できるというのは間違いないことになります。運動であれば有酸素運動がベストであり、これは出来るだけ毎日行う事によって一日の消費カロリーを確実に増やすことができるわけです。しかし、関節などを痛めることもありますから、プールなどの関節に負担が軽い運動にする、ということがまずはお勧めできるようになりますから覚えておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*